英語・英会話キックス

KICSコラム

日本とアメリカの”部活”

夏になると甲子園で高校野球が盛り上がる日本ですが、スポーツ大国アメリカではどうなのでしょうか?今回は、日本とアメリカの学生スポーツの違いについて少し考えてみようと思います。

日本では、ご存じのとおり、スポーツは学生の生活の中でかなりのウエイトを占めています。私が学生だった数十年前と比べると少しゆるくなった気もしますが、それでも部や学校によってはかなり真剣に取り組んでいるところが多いのではないでしょうか。場合によっては、学生の本分である勉強を二の次にして、スポーツに打ち込む(打ち込ませる)ところもありますよね。

また、日本の学生スポーツの別の側面として集団行動や上下関係をはじめ精神的成長を目標とした教育的な目的でスポーツに取り組む事も多いように思います。

一方アメリカでは、小学生、中学生のスポーツは主に健康促進が目的のようで、あまり真剣ではないようです。それが高校生になると学生スポーツがエンターテインメント色を強く持つようになり、田舎の小さな町ではプロスポーツのような人気があったりするようです。

日本の部活動とは違い、毎シーズントライアウトがありシーズンごとに優秀な選手だけでチームを作ります。選手によっては夏は野球、冬はアメフトまたはバスケと、スポーツを掛け持ちして活躍する選手もいるようです。日本のように教育的側面は持たないので、結果を残せる選手だけでチームを構成します。ただし高校のチームになると、基本的に学業成績の基準を満たさないと参加できないことがほとんどなようです。

国の大きさや人口や人種など、いろいろな要素における違いがあるので一概には言えませんが、世界で活躍するトップアスリートの数を単純に比較すると、日本はアメリカに全く及びません。アスリートの成績を伸ばそうとするなら、日本はアメリカの学生スポーツに学ぶところは多いかと思います。ただ、日本の学生スポーツにも多くの優れた点があります。私は、日本人に協調性があり、ルールを守る人が多いのは日本式の学生スポーツがそれなりの影響を与えているとも思います。

賛否両論あると思いますが、日本は日本式のスタイルをより良いものにしていくことができるといいかなと思います。

前へ 一覧ページに戻る
0896582308 無料体験レッスン オンラインレッスン page top
無料体験レッスン 受付中 オンラインレッスン 受付中